スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

タイヤ&ホイール交換(後編)



さて、無事タイヤをホイールにはめることが出来たので
いよいよ車体への取り付け作業をする。まずフロントから。
いつものように、車用ジャッキでフロントを浮かせる。




キャリパーを外して、アクスルシャフトを抜く。



キャリパーやディスクが干渉して、スムーズにホイールを
取り外せないので、その場所でハブをホイールから外してしまう。
今回は、ホイールも交換なので、この方が楽。



キャリパーやメーターギアはぶらーんとしたまま。
新しいホイールをフォークの間に入れて、ハブを当てて、
軽くねじを通しておく。



最初からハブをきっちり固定してしまうと、キャリパーが入らない。
緩い状態で、キャリパーでディスクを挟む。このとき、
ホイールに触れてキズを付ける可能性があるので、タオルなどで保護する。



シャフトを通して、ハブ、キャリパーを固定して終了。
ホイールにキズを付けないように慎重に作業する以外難しいことは無い。



裏側から見るとこんな感じ。

さて、リアの作業に移る。ジャッキでリアを浮かせる。



リアブレーキの調整ネジを外す。



トルクロッドを外す。
ナットに刺さっている割りピンは少しでも曲がっていると抜けない。
だけど、あまり何度も曲げると折れそうでコワイ。



シャフトを抜いて、少し前に転がして、チェーンをスプロケから外す。
チェーンは汚さないように吊って置くと良い。
ホイールの右側にあるスペーサーがポロっと落ちるので
後でシャフトを通すときに忘れないように。



リアブレーキドラム。そのままカポっと外れる。



ブレーキシューはそれほど減っていないようだ。



4.0ワイドホイールに 130タイヤを付ける場合、
トルクロッドが干渉することがあるということで、
一度外して、くるっと180度ひっくり返して取り付ける。



↓くるっとひっくり返す



このとき、平らな部分がステーに平行になるように、
少し曲げる必要がある。



曲げるときは、ステーに根元まで突っ込んで曲げると良い。
曲げるのはほんのわずか(2~3度程度?)



次に、古いホイールに付いているリアハブを取り外すのだが、
そのためには、スプロケを外す必要がある。

しかし、エイプのリアスプロケは、スナップリング(Cリング)という
C字型のリングで固定されている。通常これを外すには、




とりあえず、ネットで調べたらラジオペンチとマイナスドライバーで
外すことが出来るらしいので、ケチって挑戦。しかし、結構苦労したのだが、
実は、後述の取り付けの際に、もっと楽な方法を発見したのであった…



もっと楽な方法に気付かず、力技でマイナスドライバーでこじっていく。



やっとの思いで外れた。気を抜くとリングが溝に戻ってしまって、
何度もやり直し。30分以上かかった。そして2度とやりたくないと思った。
どうしてネジで固定じゃないんだよ…



取り外したハブを、新しいホイールに取り付け、再びスプロケを取り付ける。
だがここで、無理にこじって外したスナップリングを、
力技で開いてはめるのは、外すよりも難しいことに気付く。
これは無理だ!両手で開いてはめるなんて硬くて無理だ!!
そう思いつつ、どうやって開けばいいのか、試行錯誤していると、



あぁ、両方の穴にラジオペンチの先を入れて、
思いっきり開けばいいのか。…ん?んん?

あぁ!外す時もこの方法でいいんじゃん!!
…あの苦労はいったい…orz

ラジオペンチで着脱出来ることがわかったしまぁいいか…
しかし、ネットの書き込みで見た人たちも、ラジオペンチは使ってたのに
この方法に気付いてないってことか…



リアハブを取り付けるとき、アルミホイールはノーマルホイールより
肉厚なので、ナットを掛けるネジが短くなり、根元までかからない。
そのため、ネジ止め剤での固定が必要になる。



ノーマルに付いていた補強プレートをハブと一緒に取り付け、
スプロケも固定した。
ホイールをスウィングアームに入れて、チェーンを掛ける。



ブレーキロッド、



トルクロッドを仮止めして(仮なのでネジが逆)、アクスルシャフトを通す。



タイヤとロッド類とのクリアランスを確認。問題ないですな。



タイヤの銘柄やサイズによっては、チェーンやチェーンカバーが
干渉するらしいが、問題なし。



それぞれちゃんと固定して、



チェーンの張りを調整して、完了!!



ワイド化でリアの貧弱さが無くなった!
こうなると、スイングアームもカスタムパーツにしたいなぁ~(爆)



おおお、かなーりのカスタム感!カッチョイイ!!

タイヤの着脱も経験出来たので、次回からZZRのタイヤ交換も
自分で着脱してみよう。

あ、ホイールからタイヤを外すのはまだ経験してないや。
エイプのノーマルホイールでタイヤを外す練習してみよう…

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2011.09.11 | 駆動系・足周り

«PREV  | TOP |  NEXT»


ブログ村

現在の仕様(エイプ)

ヨシムラ サイクロン機械曲げTC
ヨシムラ 115ccボアアップKIT
ヨシムラ ST-1カムシャフト
ヨシムラ TM-MJN24キャブ
ヨシムラ ハイスロ
BMC エアフィルター
NGK イリジウムIXプラグ
NGK パワーケーブル
KITACO スーパーIGコイル
KITACO Φ60 ELスピードメーター
KITACO リアキャリア
KITACO ビッグフュエルタンク
武川 コンビネーションスイッチ
武川 ヘッドライトライトケース
武川 メインキー移動ステー
武川 Fスプロケ 17T
武川 バッテリーKIT
武川 ハイパーCDI
武川 強化オイルポンプ
武川 Fブレーキキャリパー
武川 220mmディスクローター
武川 コネクティングチューブ
RK GS420MRU ゴールドチェーン
ACTIVE オイルクーラーKIT
(Setrab製コア4.5inch10段+EARL'Sメッシュホース)
POSH マッドガード
SWAGE-LINE ブレーキホース
DAYTONA オイルフィラーキャップ
DAYTONA Fディスクハブ
DAYTONA NISSINマスター1/2inch
DAYTONA Cozyシート
DAYTONA Fフェンダーオフセット
DAYTONA アルミビレットリアサス
DAYTONA アルミホイール(F2.75, R4.0)
IRCタイヤ MB67(F110/90, R130/70)
TANAX ナポレオンAZミラーOptics
HURRICANE ウェイトバランサー
PMC ヘルメットホルダー
武川 ハイフローフィルター
BRD 高サバイバルバックステップ
オリジナル塗装:パールホワイト
セッティング:
MJ #102.5、PJ #25、クリップ3段目、AS 1・1/8回転戻し

ブログ内検索

オススメ

URL(リンクフリー)

RSSフィード リーダー用

QRコード

QR

お願い

カスタム・改造・メンテナンスなどを 行う場合、このブログの記事を参考に する、しないにかかわらず、作業中や 運転中の事故や怪我に充分注意し、 他人に迷惑をかけないよう、法律や法規、 モラルを守り、自己責任の下行うように お願い致します。

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。