スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

リアサスペンション交換

ツーリングで、ヨメのエイプが走っているのを後ろから見てたら、
峠道のカーブでリアが「ポヨンポヨン」と跳ねていた。
ちょっと柔らかすぎるな…ってことで、




交換手順は、まず、シート、タンクを取り外し、



ノーマルサスの上側のボルト(上の写真)と、



下側のボルトを緩める。

ウチのエイプの場合は、キャブ交換の際にエアクリーナBOXは外し、
エアフィルタ仕様にしているので、エアフィルタだけ外したけど、
ノーマル仕様の場合は事前にエアクリBOXを外す必要があるだろう。



上の写真のように、メガネをあてボルトを押さえ、反対側から
別のレンチでボルトを緩める。

上下とも緩めたら、ボルトを抜き取る前に、



ジャッキなどを入れて車体を支えてから、ボルトを抜いて、
サス本体を外す。



左がノーマルリアサス。バネの太さが結構違うね。

車高調整は、取り付け前に決めて設定しておく。
ノーマル長よりも 4mmほど短く設定。車高にして、約10mmダウン。
小柄なヨメさんに、もっと足つきの良さをw
(下げすぎると、ノーマルサイドスタンドだと直立するので注意)



んで、ぱぱっと取り付け。
ジャッキでネジ穴が合うように位置調整すると楽。



このリアショックには調整工具が付いてこない。(買ってから気付いた…)
仕方ないので、ホームセンターでフックスパナを購入。
本当は同じ工具が2本必要だけど、1本とプライヤーとかでも
どうにか出来る。

設定はスプリングイニシャルは固めに。シートに座っても極端な
沈みが無いように。減衰力はとりあえず中間程度に。
あとはしばらく走って様子をみよう。



真っ赤なスプリングがさり気ないドレスアップに。



交換後、ツーリングしてみた感じでは、ノーマルのようなふにゃふにゃ感もなく、
しっかり安定したコーナリングが出来ているようだ。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2010.11.09 | 駆動系・足周り

«PREV  | TOP |  NEXT»


-->

ブログ村

現在の仕様(エイプ)

ヨシムラ サイクロン機械曲げTC
ヨシムラ 115ccボアアップKIT
ヨシムラ ST-1カムシャフト
ヨシムラ TM-MJN24キャブ
ヨシムラ ハイスロ
BMC エアフィルター
NGK イリジウムIXプラグ
NGK パワーケーブル
KITACO スーパーIGコイル
KITACO Φ60 ELスピードメーター
KITACO リアキャリア
KITACO ビッグフュエルタンク
武川 コンビネーションスイッチ
武川 ヘッドライトライトケース
武川 メインキー移動ステー
武川 Fスプロケ 17T
武川 バッテリーKIT
武川 ハイパーCDI
武川 強化オイルポンプ
武川 Fブレーキキャリパー
武川 220mmディスクローター
武川 コネクティングチューブ
RK GS420MRU ゴールドチェーン
ACTIVE オイルクーラーKIT
(Setrab製コア4.5inch10段+EARL'Sメッシュホース)
POSH マッドガード
SWAGE-LINE ブレーキホース
DAYTONA オイルフィラーキャップ
DAYTONA Fディスクハブ
DAYTONA NISSINマスター1/2inch
DAYTONA Cozyシート
DAYTONA Fフェンダーオフセット
DAYTONA アルミビレットリアサス
DAYTONA アルミホイール(F2.75, R4.0)
IRCタイヤ MB67(F110/90, R130/70)
TANAX ナポレオンAZミラーOptics
HURRICANE ウェイトバランサー
PMC ヘルメットホルダー
武川 ハイフローフィルター
BRD 高サバイバルバックステップ
オリジナル塗装:パールホワイト
セッティング:
MJ #102.5、PJ #25、クリップ3段目、AS 1・1/8回転戻し

ブログ内検索

オススメ

URL(リンクフリー)

RSSフィード リーダー用

QRコード

QR

お願い

カスタム・改造・メンテナンスなどを 行う場合、このブログの記事を参考に する、しないにかかわらず、作業中や 運転中の事故や怪我に充分注意し、 他人に迷惑をかけないよう、法律や法規、 モラルを守り、自己責任の下行うように お願い致します。

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。