スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ZZRマフラー装着!!

かなり寝かせてましたが、ようやく作業開始です(^^;



ノーマルマフラーを外して、ヨシムラサイクロンに変更する作業。
しかしZZRのマフラーを外す作業は面倒くさいので気が重い(^^;
おまけに、ヤフオクでゲットしたものなので、取り説もありません。


重たいノーマルマフラー(キズだらけですが)姿も見納め(笑)
ノーマルは約16kg、サイクロンは、5.8kg。約10kgもの軽量化になるw



でもノーマルも「重い」、ということ以外は、2本出しのデザインや
大きさ、音など、個人的には結構好きでした。

とりあえずアンダーカウルをササッと外しちゃいます。



出た。このラジエターがクセモノ…
本当なら冷却水を抜いて、ホース類も外して、
ラジエター自体も外さなければなりません。
でも、それは面倒くさいので、ステーから浮かすだけでどうにかします(笑)



ラジエターの上下4箇所のステーのボルトを外します。
ホーンがぶらーんとします。ほったらかしでもどうにかなる(笑)
オイルクーラーもステーから外しておきます。こちらもぶらーんと
したままで大丈夫(笑)



ラジエターの真ん中の下部分が、ステーの穴にはまっています。
なんとかラジエターを前に傾けながら持ち上げて、穴から抜きます。

次にマフラーのエキパイ側がエンジンに固定されている部分の
フランジを外します。フランジは2個のナットで固定されています。
1、4番(両サイド)は比較的工具が入るのでナットが回せますが
2、3番は、ラジエターを前にグイっと押しつつ、工具を入れないと
届きません。



上の写真では小さめのメガネレンチを入れて、ちょっとずつ回しています。
フランジのナットは、2箇所のうち、回しやすい方のナットを手で回せる
くらいに緩めると、もう一方も緩くなります。(両方で押すように固定しているので)

なので、届きづらいナットをがんばって工具で回してもくたびれ損になります(笑)
回しやすい方を緩めちゃって、届きづらい方は指で回して取るのが良いです。
2、3番の内側のナットがかなり大変です。



集合部分が車体下部に固定されているので、ボルトを外します。



サイレンサーがタンデムステップに固定されているので、左右とも外します。



右側のサイレンサーは、根元がネジバンドで固定されているので
そこを緩めて、マフラーを左右に分離します。



そして意外に大活躍、車用のパンタグラフジャッキ×2!
フロントフォークの下、左右に車用のジャッキを入れて、車体を
持ち上げます。これをしないと、ノーマルマフラーは車体の下から
出すことが出来ないと思われます。



こんな風にマフラーの後ろ側を持ち上げながら車体から抜き取ります。
(キズ付けたくない場合は下に毛布とか敷きましょう。敷いてませんが…)
ここまででノーマルマフラーは車体から全部外れました。



様子を見るために、サイクロンを仮組みしてみます。
集合部分の底に菱形があります。これは、他のパイプが
組み合わされるように凹凸になっています。



エキパイは、1番、3番に菱形の出っ張りがあり、集合側に
窪みがあります。



組み合わせるとこんな感じ。1、4番が上段内側から外側へ、
2、3番が下段、外側から中側へ、となっています。

最初、4本のエキパイをエンジン側に1本ずつ付けていった方が
作業的に楽だろう、と考えたのですが、エキパイを集合にはめるとき、
ある程度グリグリ回さないと差し込めませんでした。エンジンにエキパイを
固定してしまうと、ぐりぐり回せないので、集合パーツに、しかも4本も
後から差し込むのは無理だろう…と思い、合体した状態でエンジンに
取り付けることにします。



スプリングを付けます。スプリングツールが付属してきてなかったけど、
エイプ用のサイクロンに付いてたやつを使ってます(笑)



とりあえず位置を合わせて、1、4番あたりを軽く仮止めします。
4本のエキパイがエンジンの排気口と合っているなら、



集合部分の先のパイプを取り付けます。このとき、センタースタンドが
邪魔で取り付けづらいので、一旦サイドスタンドにします。



車体の右側下から覗き込んで、集合の後ろのパイプを挿し込み、
ノーマルマフラーが固定されていたネジ穴にパイプを固定します。



とりあえずセンタースタンドを降ろしてみました。ぶつかりはしない
ようですが、かなりギリギリ?もしかしたら触れる程度のぶつかりは
発生するかも…



サイレンサーをはめて、固定バンドをタンデムステップに固定。



サイレンサーもスプリングで固定。



これで完了!



アンダーカウルを元に戻して終了。さて乗ってみるぞ!
跨ってみると…んん??

なんと、センタースタンドをしまうと、行きすぎてステップよりも
跳ね上がって、左足のかかとにぶつかります(^^;;



なるほど、ノーマルマフラーの左側にストッパーのゴムが…
ヨシムラも本当だとストッパーとかがあるのかも…なにしろヤフオクだったので…

んー、とりあえず何かで押さえないと、チェーンにも軽くぶつかりそうだな…



ジャーン!何だコレ?!w
前にダイソーで買ったスクレーパーです(爆)
とりあえず長さ的に丁度良かったので、チェーンガードの根元のネジに
固定さしてもらいました(笑)

うへー、ダサイ…
センタースタンドを取り外してもいいんだけど、あると意外と便利なので
ストッパーをどうにかしたい。
ホームセンターでも行ってせめて金属プレート的なものにしないとな…

…後日談
結局、センタースタンドを取り外して乗ってます(^^;

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2009.04.18 | 番外編:ZZR1100

«PREV  | TOP |  NEXT»


-->

ブログ村

現在の仕様(エイプ)

ヨシムラ サイクロン機械曲げTC
ヨシムラ 115ccボアアップKIT
ヨシムラ ST-1カムシャフト
ヨシムラ TM-MJN24キャブ
ヨシムラ ハイスロ
BMC エアフィルター
NGK イリジウムIXプラグ
NGK パワーケーブル
KITACO スーパーIGコイル
KITACO Φ60 ELスピードメーター
KITACO リアキャリア
KITACO ビッグフュエルタンク
武川 コンビネーションスイッチ
武川 ヘッドライトライトケース
武川 メインキー移動ステー
武川 Fスプロケ 17T
武川 バッテリーKIT
武川 ハイパーCDI
武川 強化オイルポンプ
武川 Fブレーキキャリパー
武川 220mmディスクローター
武川 コネクティングチューブ
RK GS420MRU ゴールドチェーン
ACTIVE オイルクーラーKIT
(Setrab製コア4.5inch10段+EARL'Sメッシュホース)
POSH マッドガード
SWAGE-LINE ブレーキホース
DAYTONA オイルフィラーキャップ
DAYTONA Fディスクハブ
DAYTONA NISSINマスター1/2inch
DAYTONA Cozyシート
DAYTONA Fフェンダーオフセット
DAYTONA アルミビレットリアサス
DAYTONA アルミホイール(F2.75, R4.0)
IRCタイヤ MB67(F110/90, R130/70)
TANAX ナポレオンAZミラーOptics
HURRICANE ウェイトバランサー
PMC ヘルメットホルダー
武川 ハイフローフィルター
BRD 高サバイバルバックステップ
オリジナル塗装:パールホワイト
セッティング:
MJ #102.5、PJ #25、クリップ3段目、AS 1・1/8回転戻し

ブログ内検索

オススメ

URL(リンクフリー)

RSSフィード リーダー用

QRコード

QR

お願い

カスタム・改造・メンテナンスなどを 行う場合、このブログの記事を参考に する、しないにかかわらず、作業中や 運転中の事故や怪我に充分注意し、 他人に迷惑をかけないよう、法律や法規、 モラルを守り、自己責任の下行うように お願い致します。

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。