スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ハイパーCDIに交換




ノーマルCDIの場合だと、回転数に応じて点火タイミングを制御しているらしく、
ボアアップしたエンジンの場合、高回転域で頭打ちになることがあるようです。
(Ape 100の場合のみ。Ape 50のCDIは回転数による制御は無いそうです)


対して、武川のハイパーCDIは、回転数によるタイミングの制御はなく、
常に一定のタイミングで点火します。また、発せられる電圧が
ノーマルよりも高く、安定した点火を促します。

交換は簡単です。



シートとタンクを外すと、タンク下のフレームにゴムで固定されています。



ノーマルCDIをゴムから外し、カプラーを外します。



左がノーマルで、右が武川ハイパーCDI。

あとはハイパーCDIにカプラーを挿し込み、付属のタイラップで
フレームに固定するだけです。ちょっと小さいので、何かダミーで
挟んだ方がいいかもしれません。


点火タイミングと点火効率の違いから、ノーマルよりも強い点火と
なります。燃焼室が高温になるため、ガスが薄いとピストンを傷めます。
なので、キャブ調整をして、多少濃い目にした方が安全です。

交換した効果が出るかどうかは、まだ乗っていないのでわかりませんが、
基本的に高回転側の頭打ち感をなくすのと、電圧がノーマルより高くて
安定しているから、全域で安定した点火となり、谷間やガクつきが
減るのではないかと考えています。

ただ、ノーマルは、低回転域での遅角があるらしく、扱い易さを重視した
設定らしいので、もしかしたら始動や発進などで使いづらくなる可能性も
あります。もし乗ってみてそうなら、ノーマルに戻すつもりです。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2009.01.19 | 電装・計器

«PREV  | TOP |  NEXT»


ブログ村

現在の仕様(エイプ)

ヨシムラ サイクロン機械曲げTC
ヨシムラ 115ccボアアップKIT
ヨシムラ ST-1カムシャフト
ヨシムラ TM-MJN24キャブ
ヨシムラ ハイスロ
BMC エアフィルター
NGK イリジウムIXプラグ
NGK パワーケーブル
KITACO スーパーIGコイル
KITACO Φ60 ELスピードメーター
KITACO リアキャリア
KITACO ビッグフュエルタンク
武川 コンビネーションスイッチ
武川 ヘッドライトライトケース
武川 メインキー移動ステー
武川 Fスプロケ 17T
武川 バッテリーKIT
武川 ハイパーCDI
武川 強化オイルポンプ
武川 Fブレーキキャリパー
武川 220mmディスクローター
武川 コネクティングチューブ
RK GS420MRU ゴールドチェーン
ACTIVE オイルクーラーKIT
(Setrab製コア4.5inch10段+EARL'Sメッシュホース)
POSH マッドガード
SWAGE-LINE ブレーキホース
DAYTONA オイルフィラーキャップ
DAYTONA Fディスクハブ
DAYTONA NISSINマスター1/2inch
DAYTONA Cozyシート
DAYTONA Fフェンダーオフセット
DAYTONA アルミビレットリアサス
DAYTONA アルミホイール(F2.75, R4.0)
IRCタイヤ MB67(F110/90, R130/70)
TANAX ナポレオンAZミラーOptics
HURRICANE ウェイトバランサー
PMC ヘルメットホルダー
武川 ハイフローフィルター
BRD 高サバイバルバックステップ
オリジナル塗装:パールホワイト
セッティング:
MJ #102.5、PJ #25、クリップ3段目、AS 1・1/8回転戻し

ブログ内検索

オススメ

URL(リンクフリー)

RSSフィード リーダー用

QRコード

QR

お願い

カスタム・改造・メンテナンスなどを 行う場合、このブログの記事を参考に する、しないにかかわらず、作業中や 運転中の事故や怪我に充分注意し、 他人に迷惑をかけないよう、法律や法規、 モラルを守り、自己責任の下行うように お願い致します。

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。