スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

SPADA キャブメンテ&ジェット交換

今回も番外編、VT250スパーダのネタ。
キャブレターのメンテナンスとジェット類の交換。



エアフィルターのアタッチメントを外し、
エアクリーナーBOXの下半分も外す。




ファンネルが見え、金属のお皿のようなものが出てくる。



横から覗き込んで、キャブを留めているインシュレーターバンドの
ネジをドライバーで緩める。

キャブはお皿みたいのに固定されているので、
燃料ホース類を抜いたら、あとはお皿ごと前後に
揺すりながら引っ張ると外れるのだが…

これがまた外れないのだ。かなり固着しているのか?
前後に揺らしても外れる気がしない。何か間違って
いるのかと不安になり、ネットで調べるも、特に
苦労することも無いらしい…

インシュレーターの隙間にCRCを噴いてみて、
車体に跨った状態で前後に何度も動かしてみる。
仕方ないので、勇気を出して(笑)かなり強めに
後ろに引いたら、勢いよく抜けた(汗)
それと同時に、元に戻せるか不安になったw



キャブを完全に取り外すには、アクセルワイヤ、
チョークワイヤを外す必要がある。アクセルワイヤは、
固定しているステーごと外すと楽。(上の写真)



こちらは前バンク側のチョークワイヤ。(写真中央)



どうにか外した。2つのキャブを分離すると、後の
組み立てと調整が面倒そうだったので、このままで
見える範囲でキレイにするに留めておく。



劣化してカッチカチのインシュレーター。
こりゃキャブが抜けないわけだ。



とりあえずフロートチャンバーを開けて、ジェット類や
エア、燃料の通路を清掃しよう。



うげげげ、不気味な緑色の何かが…腐ったガソリン?



思ったほど汚いわけじゃないけど、やはり緑色に。
メインジェット、スロージェットを外して、



パイロットスクリューも外す。(上の写真の中央)



上から、パイロットスクリュー、メインジェットホルダ、
メインジェット、スロージェット。だいぶ汚れてますな。



とりあえず真鍮パーツをキャブレタークリーナーに数分
付けといてピカピカにした。



もちろんフロートチャンバー内部も。



でもって、空気や燃料の通り道の、穴という穴に、
キャブクリーナーを噴いて、しばらく置いたら、
パーツクリーナーで勢い良く吹き飛ばす。

せっかくジェット類をピカピカにしたのだが、
ターボフィルターにしたので、スロージェットと
メインジェットの番手を大きいものに変更。






にそれぞれ変更。



スロージェット、メインジェットを装着。

せっかくなので、目視で同調しとこう。
バタフライとバイパス孔の位置を
前後両方のキャブで同じになるように合わせておく。



フロートチャンバーのパッキンが、劣化して
ボソボソだったので新品を購入。他にもガソリンホースの
ジョイント部分や、パイロットスクリューのOリングも
セットである。(16010-KCR-900)

パッキン類にゴムを侵さないシリコンシール剤を塗って、
フロートチャンバーのフタと、パイロットスクリューを
取り付ける。



インシュレーターも新品に。(16211-KCR-940)



2次エア吸ってはマズイのでね。

キャブを組み立てたら、チョークワイヤと
アクセルワイヤを取り付け、新しいインシュレーターに
シリコングリスを薄く塗り、キャブを押し込む。

新しいインシュレーターだと、それほど力もいらず、
スポっと入った。



いきなりエンジンに火を入れると、シリンダ内部の
固着している部分を傷める可能性があるので、
プラグを外して、プラグホールから少量のエンジン
オイルを吹き込む。本当なら、二硫化モリブデンの
スプレーなんかがベストらしいが、使用頻度が低い割に
少々高かったので、ここはエンジンオイルで我慢…

スパーダのシリンダは前後にかなりバンクしているので、
オイルを吹き込んでも上の方までは行かないかな。
まぁ、気休めかもしれないけど、やらないよりは良いかと。

そのままプラグは付けずに、ギアを3速か4速に入れて、
押して歩き、エンジンを少しクランキングさせる。



だいぶ日が暮れてきたけど、あと少し!
プラグ、エアクリーナーを取り付けて、燃料ホースに
直接オイルジェットでガソリンを流し込む。
しばらくセルを回すうちにエンジンは始動した!

パイロットスクリューは、純正では 2と1/4戻しだが、
とりあえず2回転戻しで安定するようだ。

エアフィルターを外してアクセルを煽ってみる。
バキュームピストンは問題なく動いているのを確認。
ってことでダイヤフラムはそのままでもOKそう。
(確認のために開けたら、逆に破りそうでコワイし。高いからねw)

あとは後日、タンクを乗せて実走しての調整としよう。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2012.09.25 | 番外編:SPADA

«PREV  | TOP |  NEXT»


ブログ村

現在の仕様(エイプ)

ヨシムラ サイクロン機械曲げTC
ヨシムラ 115ccボアアップKIT
ヨシムラ ST-1カムシャフト
ヨシムラ TM-MJN24キャブ
ヨシムラ ハイスロ
BMC エアフィルター
NGK イリジウムIXプラグ
NGK パワーケーブル
KITACO スーパーIGコイル
KITACO Φ60 ELスピードメーター
KITACO リアキャリア
KITACO ビッグフュエルタンク
武川 コンビネーションスイッチ
武川 ヘッドライトライトケース
武川 メインキー移動ステー
武川 Fスプロケ 17T
武川 バッテリーKIT
武川 ハイパーCDI
武川 強化オイルポンプ
武川 Fブレーキキャリパー
武川 220mmディスクローター
武川 コネクティングチューブ
RK GS420MRU ゴールドチェーン
ACTIVE オイルクーラーKIT
(Setrab製コア4.5inch10段+EARL'Sメッシュホース)
POSH マッドガード
SWAGE-LINE ブレーキホース
DAYTONA オイルフィラーキャップ
DAYTONA Fディスクハブ
DAYTONA NISSINマスター1/2inch
DAYTONA Cozyシート
DAYTONA Fフェンダーオフセット
DAYTONA アルミビレットリアサス
DAYTONA アルミホイール(F2.75, R4.0)
IRCタイヤ MB67(F110/90, R130/70)
TANAX ナポレオンAZミラーOptics
HURRICANE ウェイトバランサー
PMC ヘルメットホルダー
武川 ハイフローフィルター
BRD 高サバイバルバックステップ
オリジナル塗装:パールホワイト
セッティング:
MJ #102.5、PJ #25、クリップ3段目、AS 1・1/8回転戻し

ブログ内検索

オススメ

URL(リンクフリー)

RSSフィード リーダー用

QRコード

QR

お願い

カスタム・改造・メンテナンスなどを 行う場合、このブログの記事を参考に する、しないにかかわらず、作業中や 運転中の事故や怪我に充分注意し、 他人に迷惑をかけないよう、法律や法規、 モラルを守り、自己責任の下行うように お願い致します。

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。