スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ZZR キャブレター分解掃除

長期間乗らないでいたら ZZRが始動しなくなった…
もうすぐ車検だと言うのに困ったものだ…



バッテリーも充電し、プラグの火が飛ぶのは確認した。
しかし一向にエンジンはかからず、セルを回してるうちに
アフターファイアが出まくって近所迷惑である…

着火する気筒としない気筒があるのか?
とりあえず、10年以上も整備したことのない
キャブレターの分解整備に挑戦してみた。


前々から寒冷時の始動性が悪く、アフターファイアが出たりで、
どうもスロー系の調整も良くないのでは、という
疑いもあったので、分解整備がてら調整してみようと思う。



タンク、エアクリーナーボックスを外し、



ファンネルを外し、



キャブに到達。



燃料ポンプからのホースを外し、出てくるガソリンをこぼさないように受け、
キッチンペーパーなどでろ過してガソリンタンクに戻す。



キャブをとめているクランプは上の写真の奥。長めのドライバが必要。



こちらは左側のクランプ。



キャブを外す前に、チョークワイヤを外す。



スロットルワイヤを外す。キャブ側を外すと、なんだか元に戻すのが
面倒くさそうなので、スロットル側から外す。



外したキャブと共に、スロットルワイヤをフレームの穴から引き抜く。



キャブを外したインマニにはダイソーで買い物したときの袋でフタを。



外したキャブレターは、傾けると燃料ホースからガソリンが出てくるので
また受け止めて、



六角レンチでドレンを開けて、更に全部ガソリンを抜き取る。



むむむ??なんか黒いカスのようなものが…



とりあえず、クリーナー類を使うので、この中にある
薄いゴム製のダイヤフラムは取り外しておきたい。





ダイヤフラムとバキュームピストン、ジェットニードル、スプリングシート、スプリング。
取り外したものはキャブの順番に並べておく。



溝にはなにやら接着剤らしきザラついたものが。
ダイヤフラムは、通常メーカーやショップの組み付けでは
作業をしやすくするために、接着剤で貼って組むらしい。
この辺は分解した際は、キャブクリーナーやパーツクリーナーで
きれいにしておきたい。



フロートチャンバーを開けてみる。





特別汚い状態ではないようだ。



ジェット類も外して清掃しよう。
上の写真、オレンジ色のがフロート。その中央がメインジェット、
その右はパイロットジェット、左上にパイロットスクリュがある。

外す前に、パイロットスクリュの戻し量を確認。
1番2番が、2回転と1/4戻し、3番4番が、2回転戻し。
アンバランスな調整…しかも戻しすぎのような。



パイロットスクリュ。先端が黒いぞ…



メインジェットと共に、キャブレタークリーナーに漬け込み。



日が暮れて、暗くなってきたので、家の中へ移動。
パイロットジェット。真っ黒!というか、カビのような青いモノが…
やはり調子が良くない原因はこれっぽいな。



こちらもキャブクリーナーにブチ込む。汚ねぇ~

すると、「家の中がクサい!」とヨメから苦情が出たので
今日はここまで…キャブクリーナーは結構臭いが強いようで。



翌日。キャブレターボディーと穴の清掃。
4基それぞれバラしたいところだったが、ステーを固定してる
ビスが固くて回らない。ナメても嫌なので、外側はそのまま
パーツクリーナーで汚れを落として終了。

穴は、どう考えてもスロー系が怪しいので、パイロットジェット、
パイロットスクリュー、アイドリングポート、バイパスポートから
パーツクリーナーを勢い良く噴いて、充分につまりが無いのを確認。

フロートやフロートバルブの状態や動きには問題は無さそう。
メイン系の通りも問題無し。

本来キャブをバラしたら、同調が必要だが、バタフライバルブを
目視で同調する。アイドリング調整ワイヤを取り付けて、ほんの少し
バタフライが開く状態にし、バイパスポート(小さい4~5個の穴)の
位置に対してバタフライの位置が4基とも同じになるように同調
ネジで合わせる。(1,2と3,4を調整し、1+2,3+4を調整する)



上はニードルジェットホルダに装着した状態のメインジェット。
良く見ると刻印があり、1番4番が#160で、2番3番が#158である。



これはジェットニードル。1番4番が N1VK、2番3番が N1VLである。
間違いなくヨーロッパ仕様である。



本来、Oリングやガスケットは新品にすべきだが、今回は特に損傷も
見当たらないので、ゴムなどOリングを侵食しないシリコングリスを
塗布して組み上げることにする。



ダイヤフラムには、小さな穴があり、そこもつまっていないか確認して
組み立てる。接着剤は使用せず、シリコングリスのみなので、
フタをする際、噛み込まないように充分注意する。



そんなこんなで、元通り組み立て完了。
稼動部にグリスを塗布。

ちなみに、パイロットスクリュは、規定通り、1回転と3/4戻し、
から更に 1/8戻し。規定よりやや濃い目。(社外マフラーのため)



せっかくスロットルワイヤーを外したので、ワイヤーグリスを注入。
スロットルの動きがスムーズになった。




とりあえずキャブを装着し、スロットルワイヤを取り付け、
燃料ホースにガソリンを入れたオイルジェットを直接差して、
フロートチャンバにガソリンが行くまで、少しセルを回す。

フロートチャンバにガソリンが行った瞬間、速攻でエンジンスタート!
むちゃくちゃ始動性がいい。

無事エンジンがかかるのを確認したので、エアクリやタンクも
元に戻して試乗。

ものすごく調子いい!中低速のツキが良くなり、開け始めから
モタつきがなく、どの開度からでも敏感に反応する。
少し車体が軽くなったようにさえ感じる。

いやぁ、やっぱり、キャブレターは数年に1度は掃除しないと
いけませんな。もっと早いうちにやっておけば良かった。

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2012.05.07 | 番外編:ZZR1100

«PREV  | TOP |  NEXT»


ブログ村

現在の仕様(エイプ)

ヨシムラ サイクロン機械曲げTC
ヨシムラ 115ccボアアップKIT
ヨシムラ ST-1カムシャフト
ヨシムラ TM-MJN24キャブ
ヨシムラ ハイスロ
BMC エアフィルター
NGK イリジウムIXプラグ
NGK パワーケーブル
KITACO スーパーIGコイル
KITACO Φ60 ELスピードメーター
KITACO リアキャリア
KITACO ビッグフュエルタンク
武川 コンビネーションスイッチ
武川 ヘッドライトライトケース
武川 メインキー移動ステー
武川 Fスプロケ 17T
武川 バッテリーKIT
武川 ハイパーCDI
武川 強化オイルポンプ
武川 Fブレーキキャリパー
武川 220mmディスクローター
武川 コネクティングチューブ
RK GS420MRU ゴールドチェーン
ACTIVE オイルクーラーKIT
(Setrab製コア4.5inch10段+EARL'Sメッシュホース)
POSH マッドガード
SWAGE-LINE ブレーキホース
DAYTONA オイルフィラーキャップ
DAYTONA Fディスクハブ
DAYTONA NISSINマスター1/2inch
DAYTONA Cozyシート
DAYTONA Fフェンダーオフセット
DAYTONA アルミビレットリアサス
DAYTONA アルミホイール(F2.75, R4.0)
IRCタイヤ MB67(F110/90, R130/70)
TANAX ナポレオンAZミラーOptics
HURRICANE ウェイトバランサー
PMC ヘルメットホルダー
武川 ハイフローフィルター
BRD 高サバイバルバックステップ
オリジナル塗装:パールホワイト
セッティング:
MJ #102.5、PJ #25、クリップ3段目、AS 1・1/8回転戻し

ブログ内検索

オススメ

URL(リンクフリー)

RSSフィード リーダー用

QRコード

QR

お願い

カスタム・改造・メンテナンスなどを 行う場合、このブログの記事を参考に する、しないにかかわらず、作業中や 運転中の事故や怪我に充分注意し、 他人に迷惑をかけないよう、法律や法規、 モラルを守り、自己責任の下行うように お願い致します。

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。